« 秋の週末 | トップページ | 初志貫徹 »

2010年10月18日 (月)

気迫

今日は一日中曇り空のどんよりした天気でしたが気温が上がらなかったためか過ごし易い一日となりました。

そんな今日は、昼前から昨年他界した親戚の一周忌に参列して来ました。何だかあっという間の一年だったというのが正直な感想で、昨年の今頃は病院への送り迎えしたりしたなぁ、とか色んな事を思い出していました。

夕方、阪神が巨人に逆転負けを喫し今シーズンを終えた場面を見ていたのですが、何とかシーズンは2位になれたけど最後に来て息切れしたという感じでしたね。いつも期待を裏切る阪神らしい幕切れだったように思います。

悔しいけれど巨人の方が気迫に満ちており、来シーズンこそは何とか頑張って欲しいものです。残る望みは中日に頑張って貰い、巨人の鼻っ柱をポッキリと折ってくれることを祈るばかりです。

Photo_2 そして、夜に龍馬伝の「いろは丸事件」を見ていたのですが、先日の尖閣諸島での衝突事件が連想されました。奇兵隊内閣を標榜するのですから龍馬の如く、大国に怯むことなく正々堂々とルールに則り最後まで戦略的に対応していれば今のような混乱は無かったのではないかと感じています。ドラマだけに脚色されていて実際の所は不明ですが、大藩御三家の紀州藩を相手に気迫を持って対応する姿には、ぶれる事の無い“覚悟”が見て取れ、「柳腰」なんて言って悦に入っているどこぞの大臣連中とは雲泥の差がありますね。

今日は何かと“気迫”がキーワードとなっているみたいです。これは私にも気迫を持って毎日を真剣に過ごせという暗示でしょうか。毎日ダラダラ過ごしていますからね~。

来週は船中八策ということで龍馬の人生を走るペースも全開になって来ました。楽しみですね。

ということで、今日の一首は。龍馬見て気付きし事は強かに、気迫を持って怯まぬ心。(権力に対応するには気迫が無いとね)

|

« 秋の週末 | トップページ | 初志貫徹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の週末 | トップページ | 初志貫徹 »